クレジットカード現金化業者に返済不要で利用できる

分厚い札束

クレジットカード現金化業者に返済不要で利用できる

あくまでもクレジットカード現金化は古物商の扱いであり、貸金業者ではありません。よって返済は業者の方にするわけではないことを理解しましょう。業者には返済が不要で利用できるのも、この現金化の特徴になっています。

返済はクレジットカード発行元へ

返済は業者にする必要はありませんが、クレジットカードのショッピング枠を使っていますので、発行元に行う必要があります。あくまでも返済が不要であるのがクレジットカード現金化の業者であり、発行元にしなければならないことをよく理解しておきましょう。業者は仲介をしているだけですので、発行元とは関係がありません。この関係を十分理解しておかないと、後で面倒なことになってしまうことも考えられます。

だからこそ気を付けないといけないことも

ショックを抱える人
現金化を利用したことが発行元にバレてしまうようなことになると、利用停止処分は免れません。すべてのカード発行元が現金化での利用を禁止していますので、バレてしまうと利用停止になってしまいます。くれぐれも発行元に現金化の利用をした事実がバレてはいけません。だからこそ現金化を行う業者というのは、仲介業者である認識をはっきりしておきましょう。

ショッピング枠で利用した品物の所有者

ショッピング枠で商品を購入して、それを業者が買取をし、還元率によって還元されるのが現金化です。そこで購入した商品の所有物が誰の物になるのかといえば、カードの発行元になります。支払いをするまではカードの発行元が所有者となっている認識が法的にもあり、この論理を使われて、現金化の利用を禁止している業者が多いです。業者だけが丸儲けして、後の負債は発行元が被ることになります。だから利用禁止になることが理解できるでしょう。

業者を利用した方が安心

利用停止になってしまうと、クレジットカードを使うこともできませんし、もちろん現金化も行うことができません。そうならないためにも必ず業者を通した方が安心して利用することができます。リスク回避のためにはこのルールをしっかりと守るようにしましょう。これだけで利用停止になるリスクは大幅に減ります。

利用には計画性が必要

返済は発行元にする必要がありますので、実際はお金を借りているのと同じことになります。よく言われる「ご利用は計画的に」というのは、なにも貸金業者だけではなくクレジットカード現金化にも同じことが言えることになりますので、十分自覚をしておきましょう。

Similar Posts:

    None Found